家庭用脱毛器でひげ脱毛

家庭用脱毛器でひげ脱毛

秋田市のようにメンズ脱毛サロンが少なく、自宅近くにない人は自分で「家庭用脱毛器」で脱毛するという選択肢もあります。

 

数ある家庭用脱毛器の中でも、ダントツで人気なのが『ケノン』という脱毛器。

『ケノン』の価格は??

まず、1番気になる価格はというと・・・税込価格69800円!!
ヒゲ脱毛の平均相場価格と同じくらいです。
家庭用脱毛器に約7万円と思うと、高く感じる人もいるかもしれませんね。

 

しかし!『ケノン』なら家族で共有できますし、どこでも脱毛し放題!!
脱毛サロンヘ通うのと同じ(近い)効果を得られるならば、けっして高くはないのでは?と思います。

『ケノン』のスペック

脱毛方法は、脱毛サロンなどと同じIPL脱毛方式(パルスライト)を採用し、光エネルギーを毛母細胞のメラニンに反応させ、発生した熱エネルギーで毛母細胞を変性させて毛の再生を妨げます。

 

照射レベルは10段階で調節可能☆
出力は600W。
使用可能部位はほぼ全身!(眼球周辺・I ・Oラインは非推奨)
照射範囲 3.7cm×2.5cm(最大)
連射機能搭載で3連射・6連射可能☆
1発あたり約0.021円〜。カートリッジの交換が可能なので、繰り返し使用できるのでコスパは◎
*美顔器機能・静電気式タッチセンサー(安全装置)も搭載☆

『ケノン』肝心の脱毛効果は??

『ケノン』の脱毛の効果は賛否両論。
効果を実感して、使い始めるよりもヒゲが薄くなったというヒトもいれば、1ヶ月使っても
全然変化を感じない人もいます。

 

ひげ脱毛の効果を実感するには、最低でも3ヶ月間使い続ける必要があるようです。

 

脱毛の効果を感じるために使い方のポイントもいくつかあるようです。

『ケノン』脱毛効果がUPする使い方のポイント☆

ケノンの実力を充分に発揮させるための使い方のポイントです!!

 

・ハンドピースを肌に直角に当てる(センサーが毛を認識できないと効果がない)
・連射ではなくワンショット(連射すると肌への負担は少ないが、照射パワーも分散してしまうので効果も半減してしまうのです)
・重ね打ちをする(ひげのように密集して生えている場合は、2周りして重ね打ちするとさらにこうかがでやすい)
・照射レベルは8〜10(ひげ脱毛に適したパワーで、脱毛サロンとほぼ同じ出力になります)

 

ケノンを使用する頻度は、公式サイトには2週間に1度の間隔とありますが、ひげの場合は1週間に1度の間隔で使用してもOK!!

 

照射(ワンショット レベル8〜10)を15回から25回程度続けると、つるつるに使い状態までになると言われます。1週間に1回×15回。最短で約4ヶ月という計算になります。

 

*オススメの脱毛時間帯は朝6時から10時頃。この時間帯が1番髭が伸びるそうで、夜寝る前にヒゲを剃っておくと、起きた時に少し伸びた状態なので、1番効果的なんだそうです!

 

正しい使い方と+αすることで、効果を実感出来るようになるかもしれません。

 

家庭用脱毛器『ケノン』を検討されている方、ご使用中の方 良ければ参考にしてください。